日本の高校生の学力やや改善

サイトマップ

東京日本橋の好立地・好条件・全室完全個室のレンタルオフィス

日本橋・レンタルオフィス 日本の高校生の学力やや改善の記事

日本の高校生の学力やや改善

OECDの発表によると、世界65か国・地域の15歳約47万人が参加して2009年に実施された学習到達度調査(PISA)の結果発表で、日本は「読解力」が8位(前回06年は15位)、「数学的応用力」が9位(同10位)、「科学的応用力」が5位(同6位)と全科目で順位を上げたそうです。

03年の同テストで日本の順位が急落し「ゆとり教育」から学力重視への転換の根拠の一つになりましたが、今回の結果は順位の低下にやや歯止めがかかった形となったようです。

国際的な順位は、初参加の上海(中国は国として参加していない)が全3科目でトップ、韓国も読解力2位、数学応用力で4位と日本を上回った結果となったようです。また、3科目ともアジア勢が上位10位の半数以上を占めたとの事です。

今の経済・企業の勢いに、私には類似して見えます。

 



TOPに戻る↑